約束のお金を払ってくれない

約束・判決は決め事で、強制ではない・・

別居の際の生活分担金の支払い、離婚の際に決まった慰謝料・財産分与・教育費の支払いなど全ての支払いが裁判や協議で決まっているにも拘らず払わない方は、世の中に沢山存在します

裁判での決定は、必ず100%支払われると言う話ではありません。裁判所も、支払い判決を出したといって強制的にお金を回収しても貰えるわけでもありません。只決まったただけであり、それに従うかどうかは相手次第です・・結論を言うと、払うつもりが無い場合は、無意味です

しかし、裁判で勝つことで、差し押さえ・強制執行ができます

日本全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

支払ってもらえない場合の手続き

裁判所から、無料で勧告をしてくれます

裁判等で支払いが決まっているにも関らず、払わない場合は裁判所に支払いが滞っている、支払いがされていない旨を伝えれば、電話等の申し込みで、手数料など無料で、履行勧告という督促を出してくれます

相手側が生活が苦しい、経済的に苦しい、無職など正当な理由がないにも拘らず支払わない場合は、更に履行命令を出してくれます。正当な理由なくこの履行命令を拒否した場合は10万円以下の科料に処せられます

しかし、科料は10万円以下なので、金額が数百、数千などになる場合は故意に無視をする人も大勢いいます。しかも差し押さえや強制執行を行うには、別件として、再度、強制執行の裁判を申し込み行う必要があります

面倒ですが、再度、時間・費用など多大な負担が掛かってきます

面倒な督促・裁判をせずに差し押さえる方法

この書面を使うだけで、裁判なしで差し押さえ可能

約束が守られない場合に、裁判を行わずに即強制執行ができる方法があります。協議離婚の部分で説明しましたが公正証書による離婚協議書(金銭債務)の作成です。これで離婚協議書を作成ししておけば、未払いなど生じた場合は裁判せずに、いきなり差し押さえが出来てしまいます

裁判代・弁護士代がいらないだけではなく、即できるため、相手が財産を処分する期間を与えずに、効率良く行えますので、賢い方法です

強制執行の権利はあるが、押える物品がわからない

自分で探すしかないのが、法律です、当社にお任せを

裁判や公正証書で差し押さえ、強制執行の権利があり、把握する財産は全て行ったが、既に中身がない場合や、別の銀行に移している場合や初めから財産を全く把握していないなどの場合は、当社がお力になれます。裁判所では財産や資産は1つも調べてくれませんので、自分でするしかない

ここが一番の問題なのですが、裁判で勝ったからといっても差し押さえの物品(給与・銀行・不動産等)は自分で提出しなければなりません。自力で調べない限り一生差し押さえは出来ません

裁判所は出された財産を差し押さえるだけで、調べることはしません。 そんな時は当社の出番です。当社であれば全国何処でも財産、勤務先など迅速に調べ上げ、裁判で差し押さえる物品を全国何処の人物でも探せます

離婚前、その後の様々なトラブルを解決します

証拠収集・教育費、慰謝料の未払いを解決します

様々な状況で場所を問わず、成功報酬で対応いたします

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪