探偵社の調査力の比べ方

有名だから調査力もある?安心だよね?安易な判断は失敗する・・

調査力は、目に見えない物なので実際の所分かりません。

ネット等の書き込みは殆どが自作自演だったり、同業社の嫌がらせだったりと信用できないものばかりなので、実際とは全く異なる事が多く、匿名の掲示板やネット判断は微妙といえます。

同業者である我々から見ればHPの内容、書き方1つで直ぐに分かります。プロが電話等を行えば、対応のしかた、答え方で、素人なのか?経験があるのか?良心的なのか?まじめな会社なのか?判断できますが、一般の方でも判断できそうな内容・失敗実例をつけて判り易く解説します

日本全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

有名な会社が安心

安心していたのに・・初めの話はどうなったの?

当社に相談をされるお客様で、良くあるのが他社で結果が出なかったので、相談しました・・。大体のこういうパターンの会社は契約の際に、手付け金・着手金が設定してある会社で、この方は着手金で120万払って、その結果は何もなし・・。一番良くあるトラブル相談です

何が失敗だったのか?悪質な心理手口があります

こういった探偵社は、手付け金・着手金(結果の有無を問わずに掛かる費用)が設定してあり、契約時に必ず聞く言葉があります

『絶対見つかります、調査力は日本1なので安心です』

などの言葉を聞き、有名だし、ウェブも綺麗、有名だから。絶対見つかると言ってくれた、完全に信頼して依頼します。

しかし、ここが手口で、明らかに見つからない、警察でも見つけれないような、プロならスグに無理だと判断できる物でも平気で、『大丈夫です』と引き受けます・・なぜなのか・・?

手付け金・着手金で、見つからなくとも儲かるからです!!

この案件ですが、内容は25年前の学生時代の元交際相手に会ってみたい、今どうしてるのか知りたい・独身であれば交際したいという物で、まず住所特定からの調査でした。

後になり聞いてみると、テレビで見た有名会社1社・判明しないので、ウェブで信頼できそうな会社1社の合計2社に頼んだそうで、両方の会社とも着手金設定で、120万と80万を払って何もなし・・

その調査結果は

《25年前の実家住所近辺を聞き込みを行ったが現在の所在に行き着く情報は無かった》+元実家周囲の写真、コレだけです・・・

この結果が2社ともで、総額200万円の着手金を払ってこの結果です。当社からすると《ボッタクリ》悪質の一言しか言えません。

しかしこれは珍しい事ではありません。手付け金・着手金の設定会社では普通の事になりますので、当社から見るとありえない結果ですが・・

コレに該当します→着手金・手付け金は合法の詐欺術に変えれます

この依頼、当社の成功報酬をウェブで見てご相談いただきましたが、依頼者も始めは半信半疑でしたが、当社で成功報酬、手付け金・着手金は0円!判明しない場合は経費すら0円でお受けしました。

本当の話ですが、1日で現住所が判明しました・・

当社も25年前なので未知数でしたが、当時の氏名と生年月日が確実だったので即探し出せました。依頼者の追加で現在の姓、家族構成も判明させ、既婚していましたので、相手の家庭を考え、高校の同窓会の案内をだし、同窓会に出席すれば、一度会って話す形で幕を閉じました

手付け金・着手金の会社は全てを引き受けます。どんな内容だろうが、不可能だろうが、大丈夫ですと言い、手付け金・着手金で稼いでいるのです。本当に見つかるなら手付け金・着手金は必要ないですよね・・

当社にも厳しい物はあります。その際は、厳しい・未知数など状況を説明してそれでも依頼者様が進んでお願いしますと言わない限り進めません

探偵社で失敗した人の、典型的な選び方

テレビに出てたよね?有名だよね?広告が大きい!

初めに、有名な会社、全てが悪い会社ではありません。中にはきちんと良心的な会社もありますが、有名・テレビに出ているなどの会社のみに使える安心だろう・有名だろうという、精神的手法になるからです。

有名な会社は、高くても費用設定に問題があってもお客がドンドン来ます

人間は集団の原理と同じで、有名=安心、テレビで見た=安心などの錯覚を起こします。資金力際あれば可能で、実際の調査能力や費用面は一切関係ないのです。

安易に有名だろう安心だろうの集団の原理で依頼を考えている方は、キチンと数社に電話や問い合わせをしてみて実際に話や相談を行い、受け答え内容・調査のレベル、費用比較なども行い、ご自分できちんと検討して選びましょう。

結局、探偵社の調査力の判断基準は??

電話の受け答えが一番わかりやすい!?

上記に紹介した結果で、見た目では調査力は分からないので、説明、知識、経験、返答の仕方、即答できるのかなどで分かる形です

一般の方には見分けは難しいかもしれません、調査力の見分け方としては、電話で以下の質問をすれば良いかもしれません

  1. ○○と言う状態であります

  2. 情報は○○があります

  3. 結果は○が知りたいです

  4. 費用の概算と期間を教えてください

  5. 調査費用と別に経費は殿くらいかかりますか?

  6. 手付け金や着手金は幾らですか?

  7. 総額は幾らくらいですか?

  8. 調査可能ですか??

上記の質問をすると、お待ちくださいと『保留』にされる、詳しい情報の時期、質なども全く確認しない、担当がいないのでかけ直していいですか?と言う探偵社は即答できる知識が無い、経験が無い、確認しないと回答が出来ない、何を話しているのかわからない、限られた情報での調査のプランや概算を即立てれない、経験不足の探偵であると思います。

ただの事務や受付が電話に出る会社、お待ちください、担当が居ませんの会社は探偵社として論外です。お客様の電話や連絡先を聞きだすための嘘の技かもしれません、連絡先や名前を相談の段階で聞いてくる探偵社は営業をしよう、強引に契約させようと言う電話営業が激しいハイエナ探偵かもしれません。

当社では1、2,3をお聞きした段階で、情報の質、時期、信憑性を確認し、確実性のある情報である場合は、成功報酬での概算の費用を即お伝えします。あくまで聞いただけの概算なので、再度、電子記録になるメールフォームから内容を送信していただきます

最終決定の見積もりをメールでお伝えします。内容が複雑、依頼者様自身が現状を把握していない、話がまとまっていない等の場合はメールで情報をまとめて頂いて、拝見し、見積もりをおこなう事もあります