裁判離婚とは?

最終的に必ず判決が下る、万全の準備をして挑もう

協議・調停で話が最終的に合意できず、夫婦では解決できない場合に初めて裁判となり、裁判所が強制的に判断をするものです

裁判では、夫婦のどちらかが離婚に反対していても、離婚成立の判決が下りれば強制的に離婚となります

但し、協議・調停は第三者から見れない聞けない非公式で行われますが、裁判となった場合は、完全に公開されます。全ての人が自由に傍聴されるようになり、他人に夫婦の事をさらけ出す事になります

裁判では、時間・費用・弁護士代・出頭回数など様々な負担が多くある

裁判ではこれまでの話し合いとは、異なり、法的な答弁を求められますので、裁判では関係の無い発言や、尋問に対して気持ちなど少しでも違うことを話しても本件とは関係ないなど裁判官や相手の弁護士からの指摘があります。意見を自由にが言いにくいのが裁判です。専門家の弁護士を雇うことをお勧めします

日本全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

正式な書式など知識が必要になる

調停とは全く異なる形、専門的になります

裁判離婚では、その名の通り裁判なので、離婚したい人が原告となり、訴えられた人(離婚したく無い人)が被告人となります

起訴状を提出することで裁判を起こします。起訴をするには、協議離婚で書いた内容のように、請求内容(求める内容)請求の原因(求める理由)を2通作成し調停離婚での不成立の謄本と戸籍謄本を提出し行います

書面には、甲乙や起訴番号、住所、尋問要請や陳述書、証拠甲1乙1など様々な形式があります、自己で作成できますが、今までとは違い、形式とおりの書式などが必要になります。専門家に頼んだほうが良いと思います

訴えられた側は、起訴内容に対する反論意見である答弁書が裁判所から送付されてきますので、それを回答し返送します。返送しない、出頭しない場合は、裁判なので強制的に敗訴=負ける、相手の要求を呑むという事になります。反論がある場合は、答弁書は返送し、必ず出頭しましょう

浮気の証拠がないと平行線

証拠の無いものを話しても平行線・証拠が全て!

裁判になると、証拠が全てになりますので、原告側は離婚原因の立証をしなければ話にならない部分があります。気持ちや記憶では立証できませんので、確たる証拠が要ります

▼不貞行為▼

不倫などの浮気行為となりますが、基準はなかなか厳しく、相手の家に1日泊まった、デートをした、キスをしたでは、不貞行為とは法的に言えません。どうにでも言い訳ができてしまう内容になります。おかしな話ですが、裁判では、嘘をいくらついても罰則はないです

よって相手側の弁護士も被告も嘘で固めてきます。嘘をついてはいけないのは、証人だけで、その他の人は嘘を平気で付いてきます(弁護士含む)

先にあげた行為の証拠を1回取っただけでは、話をしただけ、仕事の相談をしただけと法廷で言われたら、それ以上の証拠として成り立ちません。相手が自供する、女性と関係をもったと発言すれば良いですが、まず普通に考えて、関係があっても、ただの友人、関係は無いと嘘をつき否定するのが普通ですし、相手の弁護士も当然に嘘を真実のように話します

▼不貞の証拠▼

明らかに異性関係をもった証拠が必要ですが、そういった証拠はハッキリ行って取れないのが現状です。部屋にカメラを仕掛ける?ラブホテル内にカメラを仕掛ける?無理があります。偶然車内などで行為をしていても、それを撮影などするのは非常に難しいです。濃いスモークやカーテンが当然張ってあります。第三者が行為をしているだろう判断する証拠がいる

裁判で有効な不貞の証拠
ラブホテルの出入り、利用の証拠、相手自宅へ数日間の宿泊証拠、キスやデートなどもで、1回では意味が無いので、最低でも浮気の証拠は、ラブホテル等の証拠で無い限りは、2回は証拠がないと厳しいです

不貞行為が理由の場合、最低でも証拠がないと嘘をつかれ、関係を持っているのに、していない事になったり、算定が減ったり、慰謝料請求の30%しかもらえなかったりと証拠1つで雲泥の差があります

確たる証拠があれば、裁判にならず、示談になっていると思いますが・・

その他の離婚理由の場合でも立証することが必要

離婚原因は大きく5つに分かれます。それぞれ立証が

不貞行為

上記で説明しております

▼悪意の遺棄▼

夫婦には同居をする義務、扶養する義務(一緒に生計を共にし、養う義務)があります。話し合いに応じずに、生活が出来ない、生活費を払わない状態のことを言います。簡単に言うと理由無く同居をしない、他の異性と住んでいる暴力や虐待がある、生活費を送る約束で別居したのに送らないなどの理由が挙げられます

生死不明の行方不明

夫婦のどちらかが、置手紙などで失踪、死にますなどで失踪するなど生存が確認できていた最後から3年間経っても見つからない、生存が確認できない場合は離婚が成立します。生存判明や、単に家出し住所が判らないだけの場合などは適用されませんので線引きに注意ください

▼精神病などで回復の見込みが無い▼

夫婦のどちらかが回復が見込めない精神病であると診断された場合、通常、家事、仕事を分担していますが、それが正常に行えない、夫婦として正常に機能しない場合は離婚が認められることもあります

■今までの判例で認められる症状
早期性痴呆・麻痺性痴呆・躁鬱病・偏執病・初老期精神病などの精神病

■認められない症状
アルコール中毒・薬物中毒・劇物中毒・ヒステリー・ノイローゼ

▼結婚を継続できない重大な理由がある▼

性格不一致 暴力 異性関係 性的不満 飲酒
浪費 性格異常 精神虐待 家族を
省みない
家族と折り
合いが悪い
同居しない 生活費を
渡さない
その他


上記に該当する場合は正常に、生活が出来ない、夫婦としてやっていけないと言う過去の判例から、結婚を継続できない理由で通るものです。しかし最終的に判断するのは裁判所となりますので、上記を証明できる証拠を収集しておくことが大切です

有責者(原因を作ったほう)が、浮気相手と一緒になりたいから、妻と別れたいなどの、おかしな離婚の申し立ては通るのか?

浮気相手と生活したいから、不倫相手と結婚したいからと言う離婚原因の原因がある方が、逆に離婚したいと言う離婚は絶対に出来ません

夫が浮気をしており、別の理由で夫から別れたい、離婚してやるなどといわれている場合は、夫の不倫証拠を得られる事ができればかなり有利に話しを進めれる事がわかります。自分の責任ではなく、夫が浮気相手と一緒になりたいのが理由で適当な事をいっている証拠になるのです

離婚前、その後の様々なトラブルを解決します

証拠収集・教育費、慰謝料の未払いを解決します

様々な状況で場所を問わず、成功報酬で対応いたします

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪