最近の詐欺師の活動場所

ネット・携帯・ホステス・水商売に非常に多い

近年ではインターネットの普及により、ネットでの詐欺、出会い系詐欺、オークション詐欺、恋愛詐欺、結婚詐欺など多くの被害相談を受けます

警察は上記のような件では、数十人の被害者が被害を一緒に出さない限り個人で話しても、詐欺である証拠がない、相手の身元がハッキリって居ない等の場合、95%以上で民事不介入ですの回答しかしません

うまく犯人が逮捕されたとしても、被害額・損害は1円も返ってきません。警察は刑事事件で逮捕するだけであり、損害については民事になりますので、一切関与しません。被害の問題などは、自分で請求する・裁判を起こすなどしない限り永遠に返ってきません。民事と刑事は別です

詐欺師は、偽名・嘘の住所・身の上話などで信用させ騙します。お客様が知っている相手の氏名・住所は嘘の可能性が高いです。こういった場合は始めに、当社で相手の本当の氏名・住所などを特定をします

犯人が一番応じやすい交渉文です。弁護士は必要在りません。

全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

当社で氏名や住所を判明させれば解決の糸口に

弁護士が無くても手紙1枚で解決でき事も多いです

詐欺師は警察を一番やがります。犯人心理を付いた交渉術です

示談交渉を行ったり、内容証明の送付をします。良い交渉方法が在りますので、被害にあわれた方の為に公開します

『○万の迷惑料と損害金○万を一括で支払い請求します』応じない場合は、警察に被害届を出し全ての資料を提出します。示談に応じれば、本件の内容は公にせず示談解決とします』詐欺は、懲役10年程の刑務所暮らしが生ずる罪です。貴方の人生を大事にしてください。私からの最後の警告です。○月○日までに、銀行○○に総額○円の入金を完了する事・事情があれば、○○番まで連絡を必ず行う事。 以上、最終警告

犯人や身の覚えがあると警察に言われることを一番やがりますので、一番賢い交渉術になります。普通の詐欺師にはとても有効な方法です

■注意■ 本当の氏名・住所が判明した後で無いと、意味が在りません

犯人が一番応じやすい交渉文です。弁護士は必要在りません。

良くある詐欺師の職業・出会い方

  1. 出会い系サイト

  2. モバゲー・携帯ゲーム

  3. 水商売・ホステス・ホストクラブ

  4. ブログ(投資・外資系勤務・会社経営など(詐欺目的嘘ブログ)

  5. 居酒屋

  6. 逆ナンパ

  7. 結婚相談所

  8. 知人の友人の友人など儲け話と言い紹介してくる

  9. 外国人・日本人で出張で日本・海外を行き来しているなどの人

  10. オークション・ネット取引

実際の相談例の統計ですが、普通に出会って騙されたというパターンは非常に少ないです、必ず、ネットや携帯などでであったり、儲け話であったり、高収入や外資系で働いているなどうまい話を出してきます

調査費用

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪