年金分割制度?

離婚後の生活のお金の不安を減らそう

平成16年に年金を分割できる法律ができましたが、この年金の分割については法的に必須である義務や財産分与などには該当しません

年金分割について重要内容、以下を参照ください

平成19年度以前に支払っている年金については裁判所等からの支払い命令は基本でません。分割をする義務もありません、相手側の気持ち次第です

平成20年4月以降については、裁判で年金の支払いを強制的に分割できます。しかし平成20年以降に支払った分のみとなるため、注意が必要

年金を分割するのではなく、収入と考えて分割された判例もあります。裁判所から19年度以降の年金分割の命令が出る事はありません。しかし最近、数件の裁判で、既に年金需給中である夫婦の離婚で年金を夫の収入とし、そのうちの4割を妻に毎月払う命令が何度も出ています

既に需給中の年金のを収入と考え、裁判所から命令がでた判例が多くありますが、法律では強制的的な部分は20年以降となります

20年以前の年金については、相手が分割をして良いと合意した場合にのみとなり、一緒に社会保険庁に出向き年金分割の合意書を記載する必要があります。口約束や離婚協議書では記載しただけでは分割はされません。社会保険庁で分割手続きを必ず行う必要があります

その申請期間は離婚後2年以内となります。分割時の割合金額は最大半分ですが、3割や4割になることが殆どです

離婚に関る費用の請求は離婚後2年まで

2年を過ぎた場合は一切取り合ってもらえません、慰謝料や財産分与についても離婚後2年以内に取り決めなどをしないと、一切請求できません

日本全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

健康保険の切り替えを必ずすること

切り替えをしないと使えない

今までは夫の扶養家族で保険料等は夫に請求が来ていますが、離婚後は夫お扶養では無いので、今までの健康保険書などは使えませんので、迅速に自分が住民登録をしている市町村役場に保険証の加入を申し込みましょう

経済的に厳しい場合は減額の制度等がありますので、各市町村に保険料の相談を行ってください、そのまま請求通り払うのは勿体無いです

母子手当て・児童手当は申請しないともらえない

必ず忘れないように申請しましょう

児童手当や母子手当てなどは自分から申請を行わないと、役所側から進めてきたりすることは絶対にありません。必ず申請しましょう。申請を行うだけで毎月お金が数万円は支給されます

支給額は収入により変化しますが、以下は目安にあんります

  1. 子供1人の場合:1万円~4万円

  2. 子供2人の場合:1,5万~6万円

  3. 子供3人の場合:2万円~9万円

その他にも各市町村で独自に助成制度などがある場合も多くあります。1番良いのは市町村の制度やホームページなどを見てみるなど自分の市町村ではどのような助成制度があるのかを確認して該当できる制度は全て申請すると良いです、また、市町村で額が大きく違う場合も在りますので、そういった子育て、弱い立場の人にやさしい所に引っ越すのも在りです

生活保護を受ける

厳しい場合は、生活保護が受けれます

生活保護を受けて生活をすることもできます、生活保護の申請には最低必要な費用を負担してくれることになります。しかし審査があります

申請後に職員が自宅に訪問し生活状態や状況をチェックします。更に財産や預金、生命保険など役所側が独自に調査を行います。この調査で嘘をついたり、協力的でない、協力しない場合は申請が拒否されることが多いです。必ず自分から事実をつたえ、協力姿勢をみせることが重要です

嘘をついたり、不正に需給を受けると、罰則や今までに給付した金額の返還を詐欺(不正受)とし求められることも多く在りますので、必ず事実を伝えましょう。数年間だまし続ける、ばれた場合、数百万円の賠償になり、裁判、強制執行・応じない場合は、刑事告訴などもありえます

離婚後に、別の相手と再婚したい

法律を守らないと、子供の戸籍に問題ができます

再婚をしたい場合でも、男性は直ぐに再婚できますが、女性については、離婚後6ヶ月を経過した後でないと再婚の手続きができません

直ぐに再婚できない理由

離婚後300日以内に生まれた子供は前夫の子供と推測されます。しかし離婚後他の男性とすぐに関係を持って妊娠、出産や、既婚時から不貞行為での交際相手板など、法的にはどちらの子供なのか判らない事になります

新夫の子供であったとしても法的に300日以内に生まれた子供は前夫の子という法律になります。最近話題の無戸籍の子供になってしまいます

300日以内でも証明ができれば新夫の子になれる

最近ではDNA鑑定などがありますので、離婚後300日以内でも、医者の診断書、証明書が有る場合は、現夫の子として戸籍に入れることもできます

女性の場合、再婚には十分注意しないと子供が無戸籍で苦労します、戸籍の無い子供を作らない為にも法律は守って、他の男性とは離婚後も最低6ヶ月間は妊娠するような行為を絶対にしないようにしましょう

但し例外もあります。以下の場合は女性でも即再婚できます

  1. 離婚をする時、既に妊娠中で離婚後に出産した場合

  2. 高齢で妊娠が出来る状態でないと判断できた場合

  3. 不妊手術を受けており、妊娠しないことが明らかな場合

  4. 離婚した前夫と、再び結婚した場合

  5. 夫が生死不明で3年以上行方不明で離婚をした場合

離婚前、その後の様々なトラブルを解決します

証拠収集・教育費、慰謝料の未払いを解決します

様々な状況で場所を問わず、成功報酬で対応いたします

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪