協議離婚の方法・説明

夫婦の話し合いで解決

協議離婚とは、夫婦で話し合いがまとまり解決できることを言います。もっとも簡単で費用が掛からずにでできる方法として、日本では90%以上がこの、協議離婚をしております。書面を役所に提出して離婚の成立となります

日本全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

取り決めをきちんとしないとトラブルになる

絶対に決めておいたほうが良い内容

事前に必ずしておかないと後々に問題が発生する内容が沢山在ります。お金に困るなどの状態になるパターンが多いです。原因としてきちんと取り決めをしていない事が理由です。後から言っても後の祭りなので、必ず離婚を行う前に、書面にて取り決めておきます

1教育費・2財産分与・3慰謝料・4親権者・5離婚費用

上記の事項は、口約束ではなく、必ず書面で残すことをお勧めします

特に、教育費や財産分与、慰謝料については事細かに額、時期、いつまで払うのか?支払い方法など事細かに具体的に記載する必要があります

離婚協議書の書き方・サンプル紹介

行政書士などに作成してもらうと3,4万する内容を公開

当社のウェブを見ていただいているお客様には無料でサンプルなどを公開します。行政書士などの先生に作成してもらうと、3万~5万などします

一番良い方法が、公正証書作成(役場で数千円)が強制力をもつ書面です

協議離婚を行う際の取り決めを残す、大切な証拠書面の書き方を紹介します。必ず証拠を残しておかないと、いざ滞納や未納が起こった際に面倒な事になります。後から言っても後の祭りなので、必ず事前に作成し取り決めて置く、書面に残しておくことが失敗しないコツです

1、離婚協議書→離婚協議書サンプル

法的に有効にする書面の形式があります。行政書士でも司法書士でも作ってくれますし、サンプルを真似して、正福の2枚を作って、お互いの住民票や直筆・印鑑できちんとした書面にできます

未納・滞納された際、裁判をしなくても差し押さえできる→公正証書

公正証書での書面の場合は、1の離婚協議書に加え、慰謝料・教育費・財産分与など金銭に関るものに対し、未払いなどが起こった場合に、裁判を起こさなくても強制執行、差し押さえをすぐに出来る書面になります

▼作成するために必要な物▼

行政書士や司法書士に頼むと5万~数十万の高額費用がかかります

  1. 離婚協議の内容を準備しておく

  2. 印鑑証明や身分証明書をお互い準備する
  3. 実印を作り準備しておく
  4. 戸籍謄本をお互い取得しておく
  5. 不動産が有る場合は、不動産の登記簿を取得しておく(法務局)

 ▼公正証書を作成する流れ▼

  1. 準備物を全て揃えておく
  2. 身近な公正役場を探す(市役所で教えてくれます)
  3. 役場に行けば公証人の所に連れて行ってくれます
  4. 公証人に内容や疑問、不足点を質問確認をされ、内容が決まります
  5. 完成後に、内容を読み聞かせてくれます
  6. 正本(請求者)謄本(相手)を受け取ります

簡単な手続きで書面ができます。裁判の判決と同じ効力の書面が完成

▼公正証書作成の費用▼

公正証書の記載してある、差し押さえに該当する額により変化します

請求額(以内) 手数料 請求額(以内) 手数料
100万 5千円 200万 7千円
500万 1万1千円 1000万 1万7千円
3000万 2万3千円 5000万 2万9千円
1億 4万3千円 1億~ 5千万ごとに
1万3千円加算


▼その他に掛かる費用▼

※金銭消費貸借契約公正証書の場合※

1用紙代250円×枚数分・ 2印紙代2,000円

弁護士や司法書士、行政書士に頼まなくても簡単に出来ます。 専門家に頼めば5万~数十万の代行費が掛かりますので、本サイトを参考にして頂ければ無駄な代行費を払わずに専門家と同じような書面が簡単に作れます

※実際の費用は役所毎に異なる可能性もあり、各窓口で再確認ください

離婚前、その後の様々なトラブルを解決します

証拠収集・教育費、慰謝料の未払いを解決します

様々な状況で場所を問わず、成功報酬で対応いたします

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪