相手の会社資産を特定しなければ

裁判に勝訴したが、表面向けの銀行しか判らない

多くの法人の場合、最近に多い物が、メインの取引銀行(取引先に伝えている銀行)以外に本当の銀行が数個在ります

なかには、表向きは法人銀行、銀行振り込みは、代表個人銀行に振り込ませ、税金対策にしている会社も多くあります

全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

潰れそうな会社の場合、はじめに抑えた物の勝ち

債権者は自分のところだけとは限りません

会社が潰れる場合は、大体数十社の債権者がいますが、その中で回収できる会社は、事前に怪しいな?と思った時点で自社で、その会社の銀行などの中を調査し、残金確認、代表者の預金などを確認する事で、他者よりも早く、対応できる事も多く在ります

情報を制すものが勝つ、戦争でも同じですが、情報は大切です

相談例

  1. ビジネスパートナーとして出資し合っていたが、金銭を渡したら夜逃げされたので、探したい、差し押さえたい

  2. 裁判で銀行・不動産・証券銀行・の差し押さえをしたい

  3. 大体の資産は把握しているが、それ以外の資産を特定したい

  4. 対象の会社に融資をしたが、返済が滞っているので、差し押さえをする物を収集したい、事前に相手の体力を確認したい

  5. 発注の注文を受け、準備完了し、納品したいが、一切連絡がとれなくなり、代金の回収とあわせて契約不履行で被害の請求をしたい

  6. 相手の会社がお金を支払わないのでどうにかしたい

  7. 業績がよくない噂を聞いたので、事前に確認したい

  8. 潰れる前に先駆けて回収対策など行いたい

調査費用

費用は社会情勢や個々の状況・情報で変化します

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪