ストーカー対策・犯人特定・証拠撮影

犯人が判る事や実被害がないと警察はなかなか動きません

ストーカー対策では、付きまとい・待ち伏せ・嫌がやせ行為・迷惑行為をの証拠を規正法に併せ収集します。実際のところ、警察は証拠がない、相手が判っていない場合は、警察署に知り合い等が居ない限り動きません。もちろん張り込み等は絶対にしません。せいぜい巡回するようにしますねと、日に2回くらいパトカーが通り過ぎるくらいの対応です

連日ストーカーから殺人事件に発展したと言う悲惨な事件を耳にします。ストーカーに多いパターンは、顔見知り、友達、元交際相手、一度親切にしてあげた人などどこかで、一度でも接触している場合が多いです

証拠を収集し警察に被害届を出す以外にも知り合いだった場合、行為を即やめるよう示談での交渉なども可能になると思います。(証拠があれば)

※弁護士法が有るために、交渉の方法をお伝えるのみになります

全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

ストーカー被害での調査例・相談例

陰湿なコソコソしたパターンも多いです

  1. 自宅前に見知らぬ車がいつも停まっている

  2. 誰かに付けられている

  3. ピンポンダッシュが頻繁にある(家の男の有無を確認する手口)

  4. 下着泥棒が定期的に頻繁にある

  5. 夜中に足音やベランダに気配を感じる危険な兆候です

  6. 自宅・携帯・勤務先に無言電話が頻繁にある

  7. 中傷ビラ・手紙・いたずらなどを頻繁にされる

  8. 玄関・ポスト・車にいたずらをされる

  9. 自分の出したゴミだけ無くなっている

  10. 夜になると不審な足音、物音、浴室への覗き行為があった

調査価格

ストーカーのタイプによって方法も変わります

タイプ 調査方法 1時間
費用

付きまとい型
24時間パック
1日6時間の4日

依頼者自身を遠巻きに尾行し、ストーカーが現れるまで行い、現れたら、証拠撮影、ストーカーの尾行に切り替え、情報を収集します 18,000円
待ち伏せ型
最低30時間~
事前に自宅に張り込み
証拠撮影を行う
10,000円
自宅嫌がらせ型 隠しカメラでの撮影をします。1週間機材をレンタルリースしお客様で証拠を取る場合。当社がモニタリングし行う場合は、待ち伏せ方と同じ価格です 78,000円
張り込み者・付きまとい者

探偵社に行動を探られているなどのプロが行っているもの調査する

4日1日6時間24時間~

38万円~
集団ストーカー

犯人の特定ができていない、不特定多数の複数の人物が行っている様子である場合

対象者宅の張り込み・対象者の尾行で不審者を撮影・ご自宅の盗聴盗撮の調査など

4日1日6時間24時間~

38万円~
下着泥棒 隠しカメラでの撮影をします。1週間機材をレンタルリースしお客様で証拠を取る場合。当社がモニタリングし行う場合は、待ち伏せ方と同じ価格です 78,000円


ストーカー対策で相手の特定・お勧め調査

収集した情報から相手の身元を特定する

犯人の撮影などができ、情報をある程度収集できた場合、その時の情報を元に相手がどこの誰なのかを、他の調査で特定する事が可能です

別途、見積もりとなりますが、氏名や住所・勤務先なども割り出せます。知り合い・顔見知り・相手に家庭があるなどの場合は、ばらさない(警察に言わない、裁判もしない)代わりに、迷惑料・慰謝料として示談金を請求する手もあると思います。併せて公正証書にて誓約書も書くと良いです

ストーカーの傾向がある場合は、必ず一緒に、盗聴器・盗撮器の発見調査も行ったほうが良いです。ストーカーは狙った人のゴミでも何でもお宝と思いますので、不在時に合鍵作成して入っているなどもありえます

最近では部屋に入らなくても外壁から盗聴が簡単にできます

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪