慰謝料について

離婚原因を作ったほうが払うものです

慰謝料が発生する有責行為の例を挙げます

不貞行為・暴力・精神的虐待・浪費・借金・性交渉の拒否・病気を隠す・過度の宗教行為・犯罪を犯した・など片方に、有責行為がある場合になりますが、証拠が必要になります

どちらが原因かわからないなどの場合は、慰謝料を請求しても支払われない、支払い命令が出ない事も多くあります。双方に有責行為に該当するようなものがある場合は、どちらか一方のみが慰謝料を支払うことになるわけではないです。双方の有責原因を聞き、有責割合を決定し、総合的に慰謝料の額なども変わってきますし、相殺で0円もあります

日本全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

不貞行為の慰謝料

浮気の場合は、収入によって大きく変わる

以下の理由で千差万別に変化してしまいます

  1. 配偶者の収入

  2. 夫婦の共有財産の量

  3. 結婚生活の年数

  4. 不貞行為の期間

  5. 不貞行為のレベル(1度の関係と5年間の不貞では違う)

判り易く説明すると、月収30万のサラリーマンと月収300万の経営者では慰謝料の額は10倍と言わないくらいの差が在りますので、所得額におおじて、大きな差が出てきます

普通の人の平均値の慰謝料は※慰謝料のみの話※

立場 収入 慰謝料平均
正社員 月収20万~35万 100万~300万程
専業主婦 月収0円 10万~50万程
経営者 月収100万~300万 500万~3000万

不貞行為の相手側にも慰謝料を請求できます

立場 収入 慰謝料平均
正社員 月収20万~35万 50万~150万程
専業主婦 月収0円 0万~50万程
経営者 月収100万~300万 100万~1000万


請求相手の立場や収入で大きく変わってきます。不貞行為では相手も当然居ます、相手側にも慰謝料の請求が出来ます

離婚では、その他にも財産分与・教育費も別途請求できます

預金・不動産等の財産分与も別に請求できます。裁判所は、算定や・差し押さえの為の財産を1つも調べてくれません。相手も自分の隠し財産をわざわざ行ってこないので、事前に資産・財産を調べることをお勧めします

離婚前、その後の様々なトラブルを解決します

証拠収集・教育費、慰謝料の未払いを解決します

様々な状況で場所を問わず、成功報酬で対応いたします

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪