怪しい会社が多く存在します(○○会・○○協会・○○提携)

この探偵者は○協会なんだ~!○○会所属なんだ~! 危険!!

最近多くなっている手口に、○○調査協会・○○調査士協会・○○探偵協会などのおかしな協会を装った会社があります。

その会社には、初めての相談は○○に相談してください。全日本弁護会提携・推奨業者など書いてあります。その会社の各地方のウェブには、その地方の探偵社の電話帳の抜粋が書いてあります。あたかも協会に加入している会社のようにかいていますが、全てただの電話帳の抜粋です。そのような協会に入っている会社はありません

しかし一般の方からすると、知らないので、そういった会社を信用します

当社もあちこちのわけのわからない協会、○士会などに掲載されています・・(迷惑)削除を要請するのも面倒です。いたちごっこできりが無いですし、協会員ではなく、○地方の会社と曖昧な記載なのです

一見すると全ての会社がその協会の所属の様に見えます。○協会などは、協会(共同体)などではなく、ただの社名です。

当社プライベートトゥルース総合探偵社ですが、当社が名称を変更し、このようにスグできます(全日本探偵調査共同協会)即日作れます・・

このような怪しい○協会・○会などに騙されないようにしましょう

その会社の自社しか紹介されません。協会ではなく、ただの1会社です

日本全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

調査結果は口頭でしか言えません??

最近増えています。当社にもこういった相談があります

○○という情報があります、○という探偵会社で電話で依頼をお願いし判明した結果内容です。どの様な調査依頼の結果で判明したのですか?○という調査をしました。

当社から見るとその結果が自体が怪しいのです、作文ではないのか? 結果はどのように報告されました?電話でしか結果は伝えれないと言われ、電話の口頭で聞きました。

言語道断の会社です。契約書は必ず必要ですし、探偵業法での書面で契約書を交わす法律、重要事項の説明、その他誓約署名が必要です

契約書は交わしたけど、結果は口頭か、電話でしか言えません・・・このような探偵社も言語道断です、悪徳会社である事は間違いないです。

結果報告の内容を記録に残せない、書面や電子メールで記載しない=証拠を残したくない=適当な情報である、どうでもよい適当な結果しか出さない

調査結果を口頭や電話でしか言えない会社はおかしいので注意下さい

必ず依頼の前にどの様な形で結果を報告するのかを聞きましょう

ランキングサイト・口コミサイトを見て依頼

良い評価ばかりだ!口コミも多い!ここに決めた!?

以下のようなホームページをよく見かけます

  1. 当社の基準に合格した優良な探偵のみ紹介します
  2. ○協会に所属する優良探偵を紹介します
  3. 優良探偵のみのランキング紹介です
  4. ○○調査会・○探偵会・日本全国の相談所
  5. ○調査会、初めての依頼は○会に・・
  6. グーグルの地図口コミやYAHOOの口コミサイト(匿名物)
  7. どこかの広告会社が探偵社を紹介し、仲介料をもらっているサイト

この様なサイト見かけませんか?全て自作自演のサイトになります。判断基準としては全国300社登録!探偵紹介します!といってサイトを隅々まで見てみると探偵業登録のページはあるのに ※登録済みの会社一覧※が全く無い・・

見分け方は、リンクを張っていないで、ただ名称と電話番号だけ書いてあるサイトは、NTT電話帳を記載しているだけで、所属でもなんでもありません。そのように見えるように自作自演をしているだけです

次に、口コミサイトなどがありますが、上位に来ている、良い口コミがたくさん書いてある・・ハッキリ言って粗全てが自社で書き込んでいるだけです。

こういった自作自演があふれかえっています。依頼した人の口コミではなく、だれでも口こめるものなので、匿名・自由投稿のサイトは自作自演が容易にできます

本当の口コミは、この業界では不可能です。楽天の購入者レビューのように、購入者だけが書き込めるようなシステムがないと信憑性がないです

特定の会社のみ常にTOPページを占有広告している場合、ランキングではなく広告料を多く払った会社が、上位のいいスペースに来ているだけになります。お金の力で順位は簡単に変わります。当然、広告主になるのでサイト側はランキング1位2位など高順位に掲載するように設定を調整している、もしくは業者が自社で紹介サイトを運営し、自作自演している

そのようなウェブを参考にするのも良いですが、必ず数社に確認する、色々な会社を見てみる、電話をしてみる、見積もりを取ってみるなどをしないと自作自演にひっかかります。ネットの世界では信憑性のない情報が多くありますので、匿名で書き込めるものはあてになりません。

逆に、匿名掲示板や口コミサイトでは、ライバル他社の悪口やあることないことの中傷を書き込め、陥れる事も簡単にできてしまいます。ネットの世界は怖いです

メール相談すると自動返信で電話をして下さい??

相談のメールを送信すると電話や面談を促す記載しかない

多くの他社は、メール相談、メールで見積もり依頼をすると自動返信メールで電話をかけて下さい。事務所に来てくださいと返信が来る所が多いです。なぜメールで見積もりができないのか?見積もりが高いからです。なぜ面談に持ち込むのか?面談にまで来ると90%の方が契約をするからです。足を運んでしまうと、色々詳細を話、面倒なので、そこで契約してしまう方が90%を超える結果があります

何も詳細をはなしていない、見積もり希望なのに、電話や面談室に来てくださいは、契約させる早道の手口なのでご注意ください

当社ではオンラインメール相談がメインとなります。メール交換で情報・状況を詳細に聞き、最適な調査プランを料金明記追加一切なしを提示します。ご納得いただき初めて契約の話を致します。電話や事務所は口頭であり証拠になりません。メールは電子証拠になります。双方の相談時から契約までの証拠となります。お互いに証拠を持った状態で依頼が可能です

詳しく見る→面談での注意点・こんな手口・やり方をしてきます

契約書なし・電話依頼・匿名依頼がOK

契約書・重要事項説明・調査委任者書の署名、発行は法律必須です

契約書なし・電話依頼・メールのみでOK、書面などは一切発行しない会社では、契約した証拠が書面で何もないため、予期せぬ追加料金の請求、何もしないで費用のみもらう・契約した証拠がないため大変危険です

最低、契約をする際は、契約書は、正・福の2枚複写が必要です。電子メール+契約書などが正・福の2枚になる形でないといけません。電話依頼OK・メールのみOK・契約書なしでOKは違法業者です

依頼者も面倒かも知れませんが、法律が成立した今、デリバリーサービスのように、○調査今日お願いします。わかりました今日○時にします。では行えません。必ず、契約書・費用・期間・重要事項説明・規約・誓約書にサインなどを貰って初めて契約ができる・契約をせずに調査をしてはいけないという法律になっております。

※探偵業法で契約前に必ず契約書・重要事項説明・誓約・署名は必要※これらを行わない会社は、業法違反・営業許可取り消し等の違法会社です

匿名の依頼を受ける探偵社も危険です。

詳しく見る→匿名OK!目的関係なく引き受ける会社・・なぜ??

○探偵士1級??○調査士1級??○探偵検定1級?

この業界に正式な免許・検定資格は存在しません・・

免許や、1級・2級・検定などその類の資格はありません。業法で管轄の警察署に届け出をし、公安委員会から許可をもらう事が唯一の資格でその他には、ありません自作自演の肩書きです

○一級など妙な宣伝をする会社がありますが、全て自作自演の自社で作った肩書であります。ちなみに当社でも全日本探偵調査協力会という法人や会社をつくって探偵調査士資格1級・探偵調査検定・スグにいつでもつくれますし、適当にウェブで、『当社のスタッフは全員が探偵調査検定1級を取得しているプロフェッショナル集団です』このようなキャッチフレーズが簡単にできますし、記載しても問題はないです・・

くだらないですが、一般の知らない人からすると引かれる言葉になっています、何事も知らない人を騙すのは簡単なので、騙されないように当社のウェブで知識をつけてください

詳しく見る→業者の選び方・知識・手口を詳細に詳しく紹介しています