弁護士費用の種類

費用体系は必ず利益があるようになっています

費用には、相談をした時点で掛かる相談料・依頼をする時に掛かる着手金・成功に応じて払う金銭を報奨金・その他事務所を離れ移動や行動をするための日当の費用・裁判に関る実費を請求されます

日本全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

『離婚』での弁護士費用の目安

相場よりカナリ高い先生は、じっくり検討が必要

初めに、弁護士費用は経済的利益(財産)が多ければ着手金、報奨金も高くなります。最低額はありますが、上限としては制限は無いです

わかりやすい判断は、事務所が立派で綺麗・一等地に在る・有名な一流の弁護士である、豪華絢爛な事務所・広告が大きい・電話帳が大きいなどはは、普通の良心的な先生の2,3倍は普通にします

弁護士会で公開している離婚裁判で掛かる普通の弁護士の平均費用を公開

相談料の平均

電話・面談で掛かる費用:30分ごとに5千円~3万円

着手金の平均・相場

依頼の内容、成功、不成功に関らず、授権したときに掛かる費用です。案件内容の経済利益によって変わってきます

  1. 普通の弁護士:30万円~60万円+利益で追加金

  2. 高い弁護士:30万円~未知数+利益で追加金

利益で追加金の算定は、下方で紹介しています

報奨金・依頼の内容が成功した場合に掛かる費用

  1. 普通の弁護士:30万円~60万円+利益で追加金

  2. 高い弁護士:30万円~未知数+利益で追加金

日当・事務所を離れて行動や事務を行う、裁判所に出廷する費用

(移動から事務処理、戻るまでの時間で計算)

  1. 半日(往復2時間程掛かる場合)3万円~5万円

  2. 1日(往復4時間以上掛かる場合)5万円~10万円

実費の請求

手続きや起訴でかかる印紙代・切手・交通費等・数万円~未知数

上記は、必ず請求される費用になりますので、見れば一目瞭然ですが、簡単に言うと、離婚裁判をお願いした場合、敗訴でも100万以上の費用が必ずかかります。勝訴であれば+60万~になります

離婚前に証拠さえ収集していればこの費用は1円も要らないことになります。確たる証拠、示談で解決できます。負ける裁判を相手もしません

▼着手金・報酬にプラスの要素・経済利益の算定▼

請求額を100%としたプラス計算です

金額(万円) 着手金 報奨金
300 10万~8% 16%
300~3000 5%+9万円 10%+18万円
3000~3億 3%+69万円 6%+138万円
3億以上 2%+369万円 4%+738万円


上記は経済利益での追加金であって、基本金ではありません。弁護士費用の目安+経済利益の、経済利益部分の算定での追加金です。 かなりの高額になることが分かりますが、弁護士費用は原則自己負担となります

弁護士費用は、相手が悪くても自己負担です

相手に請求する事はできません、如何なる場合も自腹

相手には請求できない!自己負担です

勝訴でも敗訴でも、相手が原因で裁判になった場合でも費用は相手には請求できません、法的に全てが原則自己負担となっています

確たる証拠があれば、相手も負ける裁判をわざわざしませんし、調停でも調停員(裁判官)が裁判をしても結論は負けると相手に伝えてくれます

賢い方法は、証拠を事前に収集し、示談で請求額を50万値引きしたとしても、裁判を行った場合と比べると、結果的に50万以上の利益になります

離婚前、その後の様々なトラブルを解決します

証拠収集・教育費、慰謝料の未払いを解決します

様々な状況で場所を問わず、成功報酬で対応いたします

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪