最終的には弁護士の出番

きちんと選ばないと、大失敗します

弁護士を雇うにしても、どのタイミングで弁護士を雇うのが良いのかが問題です。お金が豊富にあれば、離婚をしようと思った段階で弁護士を雇い、相手との交渉や協議できように話をしても良いと思います

お金が無い場合は、夫婦で協議し話し合→合意出来ない。離婚調停で話し合い→合意出来ない。ここで初めて離婚裁判となります。この段階で弁護士を雇っても良いです。よほどあやふやな有責がどちらか分からないような状態、財産が豊富にある場合など以外は調停だいたい解決します

裁判まで行くケースは、必ず複雑で、有責判断が難しい、財産が多いなどのケース、親権で争うなど弁護士を雇うことをお勧めします

一番は弁護士を雇うまで話を悪化させない

弁護士を雇うと多大な費用が掛かってきます、裁判までもつれる場合は、大体が不貞行為(浮気)の証拠が無いなどの場合です。相手が有無を言えない確実な証拠を取っていれば、相手もわざわざ負ける裁判をしないと思います。離婚を切り出す前に必要な証拠は事前に取っておきましょう

事前に調査をおこなう事で全てがスムーズに運び・有利に進む

確かな証拠を事前に取っていれば、裁判にならずに夫婦協議や調停で、解決できると思います。事前の調査行動で、無駄な費用・裁判までもつれる弁護士代・無駄な時間が全て削減できますし、慰謝料・財産・教育費も用容易に請求できます。世の中証拠が全て、情報を制す者が勝ちます

日本全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

弁護士で失敗する

良く選ばないとピンキリの『キリ(下)』に当たります

弁護士の選び方は探偵社と同じで、能力が判断しにくいです。表に評判ができにくいので、紹介などでないと判りません。そこで基準として弁護士の選び方をお伝えします

弁護士は相談をするだけで、30分で5千円~3万円の金額を取りますので、依頼するしないに関らず相談料が必ず掛かります。慎重に選ばないと相談料だけ払って無駄になります

紹介を受けるやり方が一番良いと思います

  1. 知り合いや知人の弁護士に相談する

  2. 知り合いや知人が過去に依頼した弁護士を紹介してもらう

  3. 各県の弁護士会に相談をする、紹介してもらう

  4. 各県や役所にある無料法律相談所に問い合わせる

自分で探してみる・探す場合の基準

自分の目・耳・感性で選ぶのが確実です

ハッキリ行って、証拠が無い・裁判まで解決できなかった場合は、弁護士先生の能力で結果がかなり変わえります、先生もピンキリです

確たる証拠がない時は、弁護士の手腕で結果がわかってります

弁護士側は、裁判に勝とうが負けようが着手金で必ず儲かりますので、自分が不得意・あまり経験が無い案件でも引き受けます。明らかに負ける案件でも平気で引き受ける弁護士も多く居ますので、良心的先生を選ぼう

弁護士の賢い選び方

  1. 依頼者の立場になって、気持ち親身に同じ目線で考えてくれる

  2. 親切に対応し、負けた場合のリスクや不利な要素など教えてくれる

  3. 悩み事や相談内容をキチンと聞いてくれる

  4. 話す内容で法的な知識が豊富で熱心に真剣に聞いてくれる先生

  5. 話す内容で、うまい話が出来ているか?話術・交渉術の能力判断

  6. 依頼者と先生の相性・嫌な気持ちにならずに相談できるか?

話がへたくそな先生や、勝てるような雰囲気を作れない先生はNG

弁護士によって千差万別ですが、一番はフィーリングです。うまく行きそうな方と行かない方、相談の段階でう~んと考えたり、法律書を見たり、資料を見たり、返事が即答で返ってこないような、知識がない、経験が無いような先生はまず止めたほうが良いです

スムーズに話の受け答え、法的な解釈を的確に答えれる弁護士が良いです

最低条件・敗訴よりも良い条件で完了できるのか?

先生に頼んで敗訴では、自分で行ったのと変わらない

最低弁護士を雇うからには、敗訴と言う、最悪な状態(弁護士代を払う挙句、相手の要求が通る)パターンは自分で行って、敗訴したほうが弁護士代が掛からない分、金銭的負担は数十万も数百万も安くなります

よって、最終的に敗訴となる場合は一番最悪なパターンであり、自分で行ったほうが得だった、裁判をせずに相手の要求を呑めばよかったのです。その分弁護士代が浮きますし、無駄な心労や時間も要らないです

弁護士の仕事?手腕

先生に頼む際の重要点は・勝訴できるか?出来なくても示談・和解などで、請求や要求を、得な状態で収めれるか?これが重要です

先生にまず、相談し、これを聞いてみましょう。相談した時点で、状況的に間違いなく負けます。本件は示談で解決しましょうなど、勝つか負けるかを即決断でき、最適で最小の費用で解決できる弁護士が腕が良いです

しかし、裁判をしたほうが儲かるので、負けても裁判を進める先生も多いです、示談=数万円しか稼げませんので、ここは親身かどうかの判断です

状況を説明し、勝てるのか?勝てないか?の判断も出来ないような先生は止めたほうがよいです。最悪の場合でも、敗訴よりも良い条件で示談や和解で終わらせる事ができてこそ弁護士を雇った意味があります

あやふやで判りません・不透明な弁護士は絶対に止めたほうが良いです

弁護士にも探偵社と同じように、着手金・手付け金目当てが多く居ます

離婚前、その後の様々なトラブルを解決します

証拠収集・教育費、慰謝料の未払いを解決します

様々な状況で場所を問わず、成功報酬で対応いたします

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪