弁護士費用がない・助成制度

弁護士費用が無い・どうすれば・・

裁判になった場合、専門家である弁護士が居たほうが良いです。しかし弁護士を雇うには、普通の離婚であっても100万~掛かってしまいます

裁判に買った負けた内容は問わず、弁護士代は自己負担となりますので、大変高額な負担になってしまいます。どうしても弁護士代を支払う経済力が無い場合は【法律扶助制度】があります

日本全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

法律扶助制度?

無利子・無担保で借りることができます

法律扶助制度とは、弁護士費用や裁判費用を自分で、支払う事が困難な人を援助する為にある制度です。公的な資金を使い【無利子・無担保】で必要な費用を立て替えてくれます。しかし受けるには条件があります

その条件とは?

十分な収入がある人は利用できません

十分な経済力がある、支払える力がある人が申請しても、無利子・無担保で貸してくれるわけではありません。貸付には条件があります

経済的に乏しく自分で負担できない

基準は以下になります、参照ください

  1. 単身者:月収の手取りが182,000円以下

  2. 2人家族:月収の手取りが251,000円以下

  3. 3人家族:月収の手取りが272,000円以下

  4. 4人家族:月収の手取りが299,000円以下

上記以上の収入があっても、借金・家賃・住宅ローン・医療費など必要な生活費がある場合は、検討してくれます。都会の大都市では10%ほど多く基準としてくれる場合もあるようです

勝訴できる内容であるか?も判定に入ります

裁判の内容(事件)が状況的に勝訴できる可能性がある場合に貸してくれます。勝訴・示談・和解なども含みます。明らかに敗訴の可能性が強い、示談や和解も厳しい場合は貸付はしてくれません

負ける裁判であればわざわざ弁護士代を掛けて負ける必要も無いのです。弁護士費用は100万~しますので、敗訴の可能性が高い場合は雇わずに100万円を節約し、相手の要求を呑んだほうが得と言う事です

負ける裁判でも、着手金目当てで引き受ける弁護士も多く居ますので、負ける裁判であれば弁護士代が無駄になりますので、ご注意ください

裁判を受ける理由が法律扶助制度に合うか?

宣伝目的や報復したい等の感情の法律・経済上の目的以外の裁判で利用をおこなう事は出来ない事になっております。扶助を行うかどうかは制度側で判断されます。受けれる場合は無料で弁護士も紹介してくれます

返還は毎月、取り決めの金額を返還していく事になります

離婚前、その後の様々なトラブルを解決します

証拠収集・教育費、慰謝料の未払いを解決します

様々な状況で場所を問わず、成功報酬で対応いたします

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪