別居って勝手にしても大丈夫?

きちんとルールを知らないと不利になります

別居とは、いきなり離婚をするよりも、まず離れて生活を行ってみて冷静に考えてみる時間を作ったりする意味だったり、相手にわかってもらうための時間を作る意味(離婚回避)の為の別居は良いと思います

性格の不一致や不貞行為が原因で正常な結婚生活を送れなくなった時にまずは別居をしてみるわけですが、別居を行うにしても生活があります。計画性をもって別居を行わないと生活できないお金が無い状態になります。別居にも皆様がしらない法的ルールがあります。キチン法的に行わないと離婚の際に別居が不利になります

日本全国で人探し・住所調査を得意とし、信頼・安心・お客様第一で営業中

相手に必ず理由を告げよう!

理由をハッキリ伝えないで出て行くと不利になる

夫婦になる際に、婚姻を行うわけですが、結婚の義務として、同居の義務と言う法律義務があります。よって勝手に家を出る、相手に告げづに家を出た場合は、同居義務に違反したことになります

相手から、やり直そう、帰って来いと要請されたにも関らず、同居を拒否して戻らない場合は、同居の義務違反となります。逆に相手に攻めれる原因をプレゼントした事になります。離婚原因となる、悪意の遺棄となってしまい、相手側に原因があり、家を出たにも拘らず、逆に正当理由で離婚を突きつけられてもおかしくない状態になってしまいます

法律を知っていないとちょっとした行動で逆に責めを負います

浮気をした相手が、別居を拒否する時は、注意が必要

不貞の原因を作ってあげる事になる

相手が別居を快く思わない場合は、離婚を前提とした別居ではなく、離婚をしないですむために冷静に1人で考えてみるなど前向きな理由で別居をすると言う事を相手にきちんと伝えたほうが良いです

浮気をされ我慢が出来ないので別居をしたのに、別居を切り出された事が原因で不貞行為をしてしまった。別居の話で夫婦関係が壊れた正常な結婚生活が送れなくなった、離婚の原因はそっちの別居話が原因であるとうまい主張をされ、不貞行為を逆に正当化される恐れもあります

不貞行為で別居を行う場合は、別居をする前に事前に有無を言わせない、法的に有効な浮気調査で不貞の証拠をつかんでおかないと相手が賢い、汚い手口の弁護士が付いてる場合は、揚げ足を取って、逆に別居の申し出で夫婦関係が壊れたと正当理由として離婚を請求してきます

別居中の生活費は必ずもらえます!

夫が生活費をくれない、勝ってに出て行ったのだろう!

別居中の生活費は専業主婦にとっては重大な問題点です。普通では別居をするといって反対している方は自分でどうにかしろと言いたい所ですが、結婚の際の法律で、婚姻費用の分担という義務があります

よって、別居中だろうと、調停中だろうと、裁判中だろうと、正式に離婚をしていない以上はこの婚姻費用の分担の義務があります

夫婦はお互いの生活レベルが同等になるように分担する義務があり、夫が出て行こうが、妻が出て行こうが収入の有無に関らず、同等の生活を行う義務・分担の義務があります

夫に収入があり、専業主婦で収入がない場合でも、夫に別居費用の生活費を請求することが出来ます、未成熟の子供がいる場合は、離婚の原因の責任の度合いに関係なく、双方に最優先して扶養する義務が生じます

▼別居中に結婚費用分担請求の申立書の申請方法▼

  1. 申請場所:相手方の住所地の管轄家庭裁判所

  2. 申請費用:1200円(印紙)+切手(80円×10枚)

  3. 各裁判所で申請に必要な物

  4. 夫婦関係調停申立書(裁判所に設置)・戸籍謄本・住民票

調停と同じように、相手方と話し合い費用の分担の合意が成立しなければ、審判手続きに移行して、審判で分担額が強制で決められます。現在の生活費に困っている場合は、婚姻費用分担請求の審判申し立ての後、審判前の保全処分を申し立て、裁判所から相手に○円を毎月○日に支払えなどの命令が出されます。

もちろん申請するにあたっては、生活状況やお金が必要な事情を裁判所に説明する必要があり、上申書を提出します

手続きの必要物・費用については各裁判所で異なる可能性があります

別居中に財産を処分される事が在る

離婚可能性を伝える行為が別居です。対策済みですか?

別居中に夫婦の共有財産を相手側が勝手に処分したり、別の名義に移したりする行為も大いに考えられます。少しでも賢い人や、離婚したいと持っていれば、妻が家を出たときに、財産をコッソリ移し変えたりなどを考える人は少なくないと思います

勝手に処分が出来ないように家庭裁判所に財産の処分を禁止する借り処分を申し立てることもできます。借り押さえをしておかないと、勝手に処分されてしまい、いざ離婚のときに財産が0になってしまう事態もありえますので、別居や離婚を考えた際に、浮気調査とあわせて、事前に相手の財産の把握(コッソリ作った銀行の判明)などをしておかないと処分されもらえなくなることもあります

必ず相手に別居や離婚を話す前に調査をして下さい。事前が大切です

裁判所では相手の財産・資産の調査は、一切行ってくれません。原則自分の力で財産や資産を特定させるしかありません

離婚前、その後の様々なトラブルを解決します

証拠収集・教育費、慰謝料の未払いを解決します

様々な状況で場所を問わず、成功報酬で対応いたします

上記以外でも様々なパターンで可能です

一部しか紹介できていません

あくまで概算の良くある一部の例となります。その他にも様々なケースで柔軟に対応いたします。上記の費用設定は、基本的には、着手金0円・手付け金0円でなおかつ未判明0円の成功報酬となります

その他にも氏名がわかる、アレが分かるなどその他に情報があることで安くなることもあります。情報の量や時期、関係、様々な要因で安くも高く変化しますので、まずはご相談頂ければ、無料見積もり致します

当社での過去に実際に有った、依頼の相談内容、調査内容、調査結果、お客様が支払った費用を紹介しています、参考にしてください

■その他の例題はこちらを参照ください、過去の依頼例■

プライベートトゥルースのお役立ち情報

こんなに独自コンテンツ内容が豊富にあります♪